大阪府吹田市にある【整体院ラピス】の大路由美子です。

 

最近膝の痛みで来られる患者さんが、よく言われる言葉なんです。

「病院で痛み止めの薬や、ヒアルロン注射したり、水抜くやろ?あれ意味ないねん!」

という患者さんたち…。笑

その時はマシになっても、すぐに痛みが戻ってくる…。

これをずっと続けていても同じことだ。

このまま良くなることはなく、とりあえず症状を食い止めているだけだ…。

ということがおわかりのみなさん。

でも、当院へ来られるのが結構年月経ってからが多いんです。

半年ぐらいの方もいらっしゃいましたが、長い方で20年(;・∀・)

それだけ長い時間そのままにしておくと、改善するまでの時間も当然のように長くなります。

身体は、良くも悪くも形状記憶してしまうのです…。

 

膝の痛みの対策としての、注射・水抜きは対処療法だから。

膝の痛み 注射

ヒアルロン注射はよく行われますね。

レントゲンをとって、骨と骨の間が狭い、すり減っているとお医者さんが診断されたらとりあえずヒアルロン注射という事をよく聞きます。

また膝が腫れている、水が溜まっていると診断されたら、とりあえず水を抜こうとします。

この二つは、定期的に行わないといけないと言われますね。

この二つ、対処療法といいます。

出た症状に対しての一時的なアプローチなので、その症状は軽くなりますが根本の原因にアプローチしていないためにまた同じ症状の繰り返しになってしまうんです。

特に水が溜まっているから抜くというこの作業、なぜ水が溜まったのかを考えてもらいたいと思います。

人間は自分の体を守ろうとする機能が付いています。

この水が溜まるという現象も、自分の身体を守るというものなんです。

「膝の中のクッションが弱くなって来たから、クッション替わり入れるよ~」的な感じです。

だとすると、そのクッションが必要なんです、

だから水を抜いても水が溜まるんです。

ヒアルロン注射をしても元に戻るのは、それが骨と骨の間を狭めている原因と違うからです。

ヒアルロン注射は必要ないと体が教えてくれているから、効果が出ないんです。

 

何となくわかっていただけました?

ではここで、その原因を探さないと一生、ヒアルロン注射や水抜き等を続けないという結論がでました。

あなたなら、この先どうしますか?

それでもその治療を続けますか?

一生ヒアルロン注射や水抜きの為に病院に通い続けるのは嫌という方は、少しだけ勇気を出してください。

少しだけ勇気を出して、整体へ行ってください。

はっきり言って、当たりはずれはあります。

(病院でも同じですが)

でもあなたのこれからの人生、病院通いを一生続けたくないならば他の方法を探そうとしてください。

そんなあなたの候補に、当院も入れていただけたら本当にうれしいです。

そんなあなたの為にお役に立てたらと思います。

膝の痛みの施術

 

本日もブログを読んでいただき本当にありがとうございます。

【整体院ラピス】大路由美子


The following two tabs change content below.
大路 由美子(おおじ ゆみこ)

大路 由美子(おおじ ゆみこ)

「整体院ラピス」院長。ここに来ると「希望」が見えてくる。そんな整体院を目指しています。

整体院ラピスの施術の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな施術なのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
整体院ラピスは、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や施術方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

「ホームページを見ました」と気軽にご連絡ください。

気軽にご相談・ご予約ください TEL 06-4977-4278 受付:24時間営業
    (ただし、前日12時まで確定の予約制)
住所:大阪府吹田市上山手町13-31
休業:その他不定休
最寄駅:JR吹田駅から阪急バス「朝日が丘町名神下」
    北大阪急行 桃山台駅から「朝日が丘町名神下」
    各バス停下車 徒歩3分
地図・行き方